サイトマップ

ホワイトニング

むらまつ歯科クリニックでは、患者様のことを考えた「痛みの少ない」ホワイトニングを行っています。
低刺激の薬剤を使用し、安心してご利用いただけます。

ホワイトニングとは

効果的なホワイトニングって?

「ホワイトニング」はその名の通り、歯を白くする事。ここで言う「ホワイトニング」は、過酸化水素の含まれる薬剤により人工的に歯を白くする事です。その方法には、歯科クリニックで行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。 

ここ数年、日本でも歯のホワイトニングのことを雑誌やテレビ、インターネット等でよく見かけるようになりました。日本人のホワイトニングへの関心が高まる一方、実に様々なホワイトニング方法を目にする機会が増えた為、どうやって効果的なホワイトニングを行えばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 

しかしながら実はその答えは簡単なのです。

「過酸化水素」と「光」のはたらき

オフィスホワイトニングであっても、ホームホワイトニングであっても、使用するホワイトニング材には「過酸化水素」が含まれています。おうちで行うものは「過酸化尿素」という薬剤を使用しますが、結局はその中に含まれる「過酸化水素」が歯に作用するのです。

その薬剤はここ数年内に開発されたものであれば、何を使用しても効果に変わりはありません。但し、その薬剤の濃度は効果に直接に関係します。濃度が高いほど効果がありますが、同時に、エナメル質の脱水症状と考えられる「痛み」が出ます。これはどのようなお薬を使っても避けようがありません。

歯を白くするもうひとつの条件は、光です。この「過酸化水素」は「光」でより効果的に働きます。つまり、光をあてることによって、短時間でホワイトニングを行えます。同じ薬剤を同じ時間だけ使用したとしても、光をあてるのとあてないのではその効果は3倍違ってくると言われています。

ホワイトニングの基本的な原理、そしてホワイトニングには歯科クリニックで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があるという事、少しは分かっていただけましたか。次はホワイトニングについてより詳しくご紹介いたします。

PAGETOP

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科クリニックにて行われるホワイトニングの事で、
ホワイトニング剤に光を照射して短期間で治療が済み、いち早く効果が実感できるというのが特徴です。

オフィスホワイトニングはすべて同じと思っていませんか?

オフィスホワイトニングではホワイトニング剤の効果を高めるため「ライト」を使用します。このライトにはいくつもの種類がありますが、中には危険なものや効果の低いものもあり、全く予備知識のない状態でクリニックへ駆け込むのは無謀だと言っても過言ではありません。

ホワイトニングに持ちいられるさまざまなライト

ビヨンドライト
(1) 効率の悪いライト:従来のライト
ホワイトニングに使用するライトとして、従来は主に「詰め物」を固める為に用いられる光を使用していました。こちらは、一つ一つの歯しか光を当てることができず、非常に時間がかかり非効率的です。また、一つの歯に約30分という長時間光を当てると、18本の歯にホワイトニングをする場合、9時間もかかる計算になり、物理的に光を当てる時間が短くなり、効果も激減します。
(2) 危険なライト:「紫外線」
「紫外線」は、非常に強い熱を出し、UVも発生します。歯の神経は、特に熱に弱く、長時間熱を与えると歯の神経に損傷を与えます。また、日本人は体質的にメラニンが多いのでUVを含んだ紫外線を当てることにより、メラニン色素沈着が発生するリスクも高まります。これを少しでも抑えるためには非常に大変な防御をしないといけません。歯が熱い!と感じたら要注意です。
(3) 効果の低いライト:「LED」
「LED」は、サイズがコンパクトなことで最近非常に多くの場所で使用されています。 LEDは発熱も少ないので安全ですが、これはライトのパワーが弱いためです。当然、弱いパワーはホワイトニング効果に影響します。
(4) 安全かつシンプルなライト:「ビヨンドライト」
ビヨンドライトは、パワーの強いハロゲン光を使用しており、特許取得済みの特別なフィルターで、この強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、非常に安全です。当院ではこの「ビヨンド」を導入おり、安全かつ短時間で白い歯を手に入れることができます。

PAGETOP

ホワイトニングQ&A

  • ホワイトニングは痛くないの?

  • 歯のホワイトニングで一時的に「疼痛感」が出る方がいます。通常、24時間以内になくなりますので安心してください。 
    歯のホワイトニングは、その主成分である過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。

    そのホワイトニング剤(過酸化水素)が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水状態にするのではないか、と考えられており、この状態が「疼痛感」となります。この脱水症状は、過酸化水素の化学分解によるのもですので、ほとんど避けることはできません。歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人と小さい人では全く異なります。つまり、ひとにより、「疼痛感」が異なります。これは、全く歯に影響ありませんので安心してください。

    一般的には、ホワイトニング効果とこの「疼痛感」は比例しています。ホワイトニング効果を出すためには、ホワイトニング剤をできるだけ長い時間歯の上においておく必要がありますが、その分、歯の中の水分バランスもより崩れて「疼痛感」が強くなります。

  • 一度のホワイトニングで大丈夫なのでしょうか?

  • 初めてホワイトニングを受けられた方は、どんなにきれいになっても短期間(約1週間)で着色が認められるようになります。これは歯の表面に少し着色することによるもので、その後再度ホワイトニングをするとその着色が取れさらにきれいになります。

    ホワイトニングは回数を重ねたほうがより「白さ」の定着率がよくなります。

  • 「20分で完了」するオフィスホワイトニングがあるようですが、違いは何ですか?

  • 基本的に、ホワイトニング材の効果は、ホワイトニング材が歯の表面についている時間に比例します。
    20分でも色の変化は認識できますが、時間をもう少し長くしたほうがより効果が出ます。
    しかし、30分を超えると刺激が出るようになります。(Q1.ホワイトニングは痛くないの?をご参照ください)

  • すべての人にホワイトニングの効果があるのですか?

  • 歯のホワイトニングで、歯の色は必ず改善します。
    しかし、誤解をしないで下さい。すべての歯が真っ白になるとは限りません。すべての歯が同じように白くなるとは限りません
    。ホワイトニングを受ける前に、ご自身の歯がどのように改善する可能性があるかご相談してください。
    むらまつ歯科クリニックでは、しっかりホワイトニングについて説明してiいます。

  • ホワイトニングの人体への影響は大丈夫ですか?

  • 過酸化水素や過酸化尿素を主成分とするホワイトニング剤は歯科医師により正しい使用をする限りは安全です。
    開発されたアメリカでも数十年の歴史の中で問題となった事例が出ていません。 しかし、その効果の最大化を求めるあまり、高濃度の薬剤を使用したり、非常に強い熱を発する「光」を使用すると歯やその周辺組織に損傷を与える可能性があります。

    特に、ホワイトニング剤を活性化させるための「光」として「紫外線」を使用した場合は注意が必要です。「紫外線」を長時間、繰り返し照射することによる影響としては、 1. UVによる皮膚の影響 2. UVによる歯肉のメラニン色素沈着(歯茎が黒くなる)の可能性 3. 強い発熱による歯の神経(熱に非常に弱い)への影響が考えられます。(→紫外線の影響) 

    むらまつ歯科クリニックでは「発熱」のほとんどない安全なライトを使用して、効果的にホワイトニングができます。

PAGETOP