サイトマップ

歯の相談室

お子様の歯に関するご質問

  • 子供の歯並びが心配です。歯並びをよくしてあげるにはどうしたらいいでしょうか?

  • 定期健診できれいな歯ときれいな歯並びを!

予防の意識を高めて、早めの処置をしましょう。

最近は、軟らかい食べ物が増加し、よく噛まないから顎の骨が未発達になったり、高栄養の食物の摂取により歯が大きくなるなどの理由で、歯が顎の骨に収まりきらず、歯並びが悪くなると言われています。
まだ学問的には立証されているとは言い切れませんが、歯並びが悪い子供達が増加しているのは事実です。

一般的に”歯並びの悪さ”は、”見た目の問題”と捉えられています。ところで、歯並びの悪い高齢者の方はきっと見られたことがないと思います。つまり歯並びの悪さは、歯の寿命が短いことを暗示しています。

歯並びが、単に見た目だけの問題であるならば、人それぞれの価値観も違うので、何も言うつもりはありません。しかし、子供たちの歯の寿命が短くなる可能性があることは、一歯科医として考えておかなければならないように思います。

さて、小学校高学年の児童を診ていると、ひどく歯並びの悪い子供がいます。一方、小学校低学年の児童の検診をしていると、わずかな歯並びの”ひずみ”を放置していたために、あのようなひどい不正咬合になったことに気がつきます。・・・だとすれば、そのわずかな”ひずみ”を除去し、少しでもきれいな歯並びにしてあげることは、かかりつけの歯科医として行うべきことのように思います。

通常、歯並びが悪くなってから、矯正の相談に来られます。しかし、乳歯を定期的に見ると、将来のひどい状態が見えてしまうのです。そこで将来、きれいな歯並びになるように、早期から歯を削ったり、顎を開ける装置を入れています。

こうすることで”ひずみ”を取ったり、永久歯の生える場所を確保します。定期検診で歯をきれいにしながら、装置の調整を行います。このようにすると、永久歯で”きれいな歯”と”きれいな歯並び”を手に入れることが可能です。

歯の生まれ変わりの時期は、顎の新陳代謝が高いのでこのような方法を行うことが出来ます。 予防というと、虫歯予防や歯周病の予防を思い浮かべますが、早期からの処置により、徐々にひどい歯並びの予防も行えつつあります。 ”歯並び”に関しても徐々に予防できる時代が到来しつつあるように思います。

PAGETOP