サイトマップ

歯の相談室

お子様の歯に関するご質問

  • こどもに、最近大人の歯が生えてきました。どうしたら虫歯を防ぐことができますか?

  • 生えたばかりの歯は虫歯になりやすいので注意が必要です。

生えたばかりの歯は虫歯になりやすい

歯は石灰化が完成されないうちに口の中に顔を出してしまいます。そして唾液で洗われることでだんだんに硬くなっていきます。完成されるまでに2~3年かかります。この間は歯質が弱いので少しの汚れでも虫歯になりやすいのです。6歳臼歯の場合このほかに「溝が深く複雑」「一番奥に生える」等、悪い条件が重なるので早く虫歯になるのです。

6歳臼歯は乳歯の歯並びの一番奥に生えてくる永久歯です。歯ブラシが届きにくい為汚れが溜まり虫歯になることが多い歯です。大人の歯並びや噛み合わせの基本になるとても大切な歯です。

PAGETOP

磨きにくい6歳臼歯

乳歯と同じ高さになるまでは歯ブラシがあたりにくいので横から歯ブラシを入れて6歳臼歯だけを磨くようにします。

PAGETOP

シーラント(予防填塞)

顔を出したばかりの6歳臼歯の咬合面の溝はとても複雑です。虫歯の始まりはこの溝からが一番多いのです。
そこでこの溝に樹脂を塗ることで浅くして汚れが取れやすくする処置があります。
これがシーラント(予防填塞)と呼ばれるものです。
この処置は歯が全部顔を出さないと出来ません。歯肉がかぶっている間はフッ素塗布などで歯質を強くしましょう。

PAGETOP